About

J-Startup概要

VISION

日本では約1万社のスタートアップが日々新しい挑戦をしています。
しかし、グローバルに活躍する企業はまだ一部。
世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し
革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供する。
それが経済産業省が推進するスタートアップ企業の
育成支援プログラム「J-Startup」です。
© Petri Anttil

PROGRAM

SELECT

選抜と集中支援による
トップ層の引き上げ

トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などが、日本のスタートアップ企業約10000社の中から一押し企業を推薦。外部審査委員会が推薦内容を尊重しつつ企業をチェック。厳正な審査で選ばれた企業をJ-Startupの「特待生(J-Startup企業)」として認定。
  • 推薦対象
    ディープテック型
    プラットフォーム型
    SDGs型
  • 推薦基準
    ミッション
    独創性
    成長性など
  • 推薦委員・外部審査委員
    ベンチャー支援の経験があり
    十分な経験と実績を有する
    ものを経産省・事務局が指名
  • J-Startup企業
CONNECT

コミュニティの形成による
プレゼンス向上・連携強化体制

J-Startup企業を支援するコミュニティを構築。民間支援機関・NEDO・JETRO・METIによる事務局が中心となり、「J-Startup企業」とサポーター、政府機関を結びつけ、タイムリーかつスピーディな支援を実現します。
Connect

民の支援

政府の施策を活用する際に優先枠や加点制度を設ける

例)

  • 事業スペースの提供・料金優遇
    (オフィス・工場空きスペース・研修施設・ショールーム等)
  • ロボット、製品・部品、インフラ網等を使った実証実験への協力
  • 検証環境や解析機器の提供
  • アクセラレーションプログラム、モノづくり支援プログラムの優遇
  • 専門家・ノウハウを持つ人材によるアドバイス
  • 自社顧客・関係会社等の紹介

政府の支援

政府の施策を活用する際に優先枠や加点制度を設ける

例)

  • J-Startupロゴの使用(選定企業としてのブランディング)
  • 特設ホームページ、国内外メディアによるPR
  • 大臣等政府の海外ミッションへの参加
  • 海外・国内大規模イベントへの出展支援
  • 各種補助金等の支援施策における優遇、手続きの簡素化
  • ビジネスマッチング(大企業幹部、省庁等への個別のつなぎ)
  • 規制のサンドボックスの積極活用
  • 規制等に関する要望への対応
GO GLOBAL

J-Startup企業の
海外展開を支援

JETROグローバルアクセラレーション・ハブ、Startupツアーなどを利用し、J-Startup企業の海外展開を支援。

JETROグローバルアクセラレーションハブ

先進地域に設置された窓口が、海外進出するスタートアップ企業に対し、現地情報の提供やメンタリング、現地でのコミュニティづくりを支援。

Startupツアー

先進地域に設置された窓口が、海外進出するスタートアップ企業に対し、現地情報の提供やメンタリング、現地でのコミュニティづくりを支援。
出展先候補
SLUSH, SXSW, CES, TECH IN ASIA, GITEX FUTURE STARS, Web Summit
  • SLUSH
  • SXSW
  • CES
  • TECH IN ASIA
  •  GITEX FUTURE STARS
  • Web Summit
INBOUND

日本のベンチャー
エコシステム強化のために
海外の起業家を日本に誘致。

Startupビザ

国の認定を受けた自治体において、海外の起業家の在留資格要件を緩和。起業のための在留資格を現状より6ヶ月前倒しで獲得可能。

Startupビザ

JETROグローバルアクセラレーションハブ

海外主要地域に設置された窓口が、日本への進出をサポート。
日本側での市場調査やビジネスプラン作成の支援等で連携。